100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

キリン杯/日本代表招集

2007.05.28 Monday

国際Aマッチ日程につき、Jリーグはおやすみ。そのかわり代表の試合が満載です。日本代表だけでも31日にU-20トゥーロン大会のドイツ戦、6月1日にはA代表モンテネグロ戦@エコパ、6月2日にはトゥーロンのフランス戦、6月3日にはなでしこの五輪予選で韓国戦、6月4日にはトゥーロンのコートジボアール戦、6月5日にはA代表のコロンビア戦、6月6日には五輪代表の二次予選最終戦があります。つまり5月31日から一日も休みなく6月6日まで連日代表戦があるわけです。この間には欧州でユーロ2008の予選もあります。
そもそもJリーグと欧州サッカーではオフシーズンがずれているし、そこへ代表戦もチェックしていると、1年中、絶え間なくサッカー漬けになってしまいます。まさに廃人へまっしぐら。スカパーが私の人生を狂わせます!!!

キリン杯のメンバーが発表されましたが、GKでは西部が落ちて楢崎がオシムさんになって初招集。DFでは青山が五輪組から飛び級招集で、ナカターコが欧州より初招集。五輪組では水本も呼ばれています。MFでは藤本が呼ばれましたが、ここでも五輪組から水野、本田(圭)、家長が招集。FWでは高原が欧州から呼ばれました。代表監督さんは常に首を賭けての招集ですから異論はないですが、相変わらず最多の千葉(水本、羽生、山岸、水野、巻)の5人衆は正直、代表どころではないのではないでしょうか??
五輪組の大量招集は、先日のマレーシア戦招集メンバーから主力組がはずれたときに「キリン杯に呼ぶからだろう」という噂が流れていましたけど、その通りの結果になったわけで、逆に言うと今回A代表に呼ばれた五輪組は、北京五輪終了後の世代間リセットで代表を作るテストケースということになるのでしょうし、五輪は当確組と考えて差し支えないようです。そう考えると、マレーシア戦で呼ばれたメンバーにとっては、門戸は広くても、そこから先はやっぱりかなり大きな壁があるようですね。
青山と藤本にとっては、モンテネグロ戦は地元開催の代表戦なわけですから、是非出場機会を掴んで欲しいところです。最近「代表に行くと溌剌としてるよね」と言われることも多い藤本ですけども、今回はどうでしょう??青山にとってはA代表では失うモノなど何もないのだし、思い切ったプレイをしてきて欲しいです。いずれにしても、ケガをしてしまわないように要注意ですよ!!西部はケガの状態を考えて、ということでしょうか??それとも、前回、キリン杯のメンバーを絞り込むことになる、といわれていた合宿にケガで不参加となったことが影響した結果でしょうか。まだまだ先は長いです。チャンスはあるのでエスパルスで頑張って結果を出しましょうっ!!

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |

U-22代表招集

2007.05.25 Friday

オウワーー!?こ、こここ浩太と、お、おおおお岡ちゃんが呼ばれてる!!と驚いた反面、記者会見を読んでいるうちに、なんと五輪出場へ果てしなく遠い招集なのかとも思いました。今回のマレーシア戦は既に1位突破を決めた後の消化試合ということや、平山、伊野波、水野、西川、さらに五輪二次予選で180分以上出場した選手も呼ばないとして、今回は人材発掘の24人ということになるそうです。この24人にしてもマレーシア戦に選手登録できるのは18人なので、試合に出れない選手が6人もいるということになります。
記者達には「主力ではない無名な選手ばかり」というような言い方をされていましたけど、大学生ならまだしも、サッカーの記者をやっていて、ここに出ている名前を見て「無名」だと思うのはどうなんでしょうか?そもそも、無名な選手ばかりで「興行的にどうなのか?」という質問だったようですが、代表が何で興業のことまで考えなきゃいけないのでしょうか?それで失敗したばかりでしょう。ほんの1年前の夏の失敗を忘れちゃったんでしょうか?フル代表ならまだしも、五輪代表なのに。
とにかく、エスパルスからは海人、枝村、浩太、岡ちゃんの4人が選ばれました。きっと海人は試合出場できますね。西川の壁は厚いですが、とにかく北京へ行くことが第一です。何があるか分かりません!枝村は久しぶりに復帰。コンディションにもよりますが、ここは残る可能性も高い気がします。浩太は大熊ジャパン時代までは不動のレギュラーだったはず。最終的にワールドユースへは行けませんでしたが、ちょうどあの頃から浩太も色々不運が続きましたね。五輪チームとなってからは初招集。エスパルスで試合にでる機会も増えてきた結果ですし、頑張って欲しいです。岡ちゃんはさらに驚きです。岡ちゃんの活躍までをちゃんとスカウティングしていたという事実が大事で、オシムさんや反町さんになってからの「Jで結果を出せば呼ぶ」という姿勢は大賛成です。特に若手選手の活性化には、一役買うはず。
いずれにしても、この4人が代表合宿へ呼ばれました。久しぶりの少し長めの合宿ということでアピールするチャンスも多いはず。頑張れ!!同じ期間にはキリンカップがあり、そのフル代表には、呼ばれなかった主力とされる五輪代表組から数名呼ばれるのでは?との話しもあるようですけど、トゥーロンもあるし、三保は人少なすぎ!状態になりそうですね。

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |

トゥーロンのメンバー発表

2007.05.23 Wednesday

ですが、あれ?あれれ?真希、ケガ??ケガならケガで辞退て出るよなあ。この土壇場にきて遂に代表落選ですか??エー・・・U-20W杯の開催が6月30日ですので、今回のトゥーロン国際大会のメンバーが日程的に考えて、そのままU-20W杯へ行くはずです。実際、招集された代表メンバーは20名なので、おそらくは今回のメンバー+GK1名で本大会へ、となるはず。
じゃあ、やっぱり・・・。この世代では抜けた存在でずーっと10番を背負ってきたはずの真希。エスパルスで出場機会を得られずにいるうちに、各クラブでポジションを奪い経験を積んでいった他選手に追い越されてしまったのですね。そう考えると仕方ないかな・・・残念ですけど。もちろん、クラブ側の事情もあると思います。U-20のメンバーのうち優勝を争うような強豪チームから選出されているのは、ガンバの安田と鹿島の内田だけで、その他の選手は選手層が薄く若い選手により多くのチャンスが与えられるチームか、ちょうど世代交代中のチームに所属している選手であることが多いわけですし、真希もポジション的にエスパルスの選手層の厚さが壁となっていたのは間違いないところでもあると思います。
とはいえ、結局はクラブで壁にぶつかり打破できないでいるうちに代表での居場所を失ってしまうという結果は残念ですし、これを糧により飛躍して欲しいと思います。ただ、以前にも書きましたが、清水のユース以降の年代の育成について、本当にこれでいいのか考えさせられるところもあります。
「ここで10月に書いた記事」では、去年の10月の時点で、すでに真希落選への危機感は、かなりあったとも言えますね。「真希は大丈夫!!」なんて書いていますが、大丈夫ではありませんでしたね・・・。ガンバレ真希!!!
武田は林のサブという立場かもしれませんが、これで本大会への道が開かれました。各世代代表GKがズラリです!!ズラリ全員サブです!!でも、武田は例えベンチといえども、U-20W杯前哨戦の今回の大会でもフランス、ドイツ、コートジボアールと魅力的な対戦相手と組まれていますし、良い経験を積んで帰ってきて貰いたいですね。武田もガンバレ!!!

| さおり | 日本代表 | comments(2) | trackbacks(0) |

西部代表辞退

2007.05.14 Monday

■ 西部洋平選手のケガについて

残念。西部チャンス大ありだよ!と書いてるそばから辞退です。実は前の招集エントリーを書いたのは朝でアップし忘れていて午後にアップしたのですけど、アップする頃には「にしぶぅ辞退だって!」という情報が入ってきておりまして、えーー!とはなっていたのですが、書き直すのも面倒で、そのままアップしちゃいました。腰痛とのことですが、痛み止めの注射を打っての出場が続いていたわけですし、結構ボロボロなのでしょう。甲府戦に向けてゆっくり休んで欲しいですね。(甲府戦は休ませないつもり?)
西部選手は、あの年齢にして成長具合が10代のGKのようで非常に楽しみであります。フィードを蹴ったあと「どうかなぁー」ってな感じでボールの行方を見ているとスタンドのおばちゃんから「蹴ったらすぐ戻る!」とか怒鳴られちゃう西部ですし、誕生日には純平と男二人でケーキを食べちゃう西部ではありますが、落ち着き、安定感、見ていて安心なGKですよね。
海人のスタイルも好きなGKのタイプですし、武田やセクシーさん4人で切磋琢磨してエスパルスのQuarteto守護神として君臨してください!!

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |

日本代表招集

2007.05.14 Monday

■ 日本代表候補トレーニングキャンプ メンバー [ JFA ]

14日から3日間の日本代表のトレーニングキャンプですが、エスパルスからは前回同様に西部と藤本が呼ばれましたネ。オシムさんになってからの初招集は村井と柏の近藤直也、小宮山、杉本恵太に黒津ですが、左サイドの村井と小宮山を呼びましたね。どういう布陣で起用するのかは未知数とはいえ、小宮山は去年の秋頃から「獲りに行けー!!」と良く書いてましたけど、千葉ユース→市立船橋→順天堂→マリノス強化指定と全くもってエスパルスとは接点のない選手なので、あっさりマリノス入りしましたよね。チッ。とすると、右を駒野と森でやる感じなのかもしれませんが、森なら市川呼んでくれてもいいし、近藤直也を呼ぶならタイプは違うけど和道も呼んでくれよ!!とも思いましたが、近藤はグロインペインや前十字靱帯断裂と終わってもおかしくないケガを連発しての復活代表入りだけに、素直に拍手です。
西部も藤本もキリン杯やアジア杯に向けて生き残ってもらいたいですね。欧州組招集が噂されているので、ポジション的に藤本は厳しいかもしれませんが、西部はチャンス大ありじゃないですか?
ほぼ同時期に行われるU-20のトレーニングキャンプには武田と真希が、五輪代表のアジア二次予選、アウェー香港戦のメンバーには海人と青山が呼ばれています。西川だけの責任ではありませんが、最近ボコられ気味のトリニータですし、海人もチャンス到来かもしれません。っていうか、これじゃ週の半分はGKがセクシーさんだけじゃないですか。紅白戦は真田さんがやればいっか!と思いましたが、U-18のドイツ遠征に同行しちゃいましたし(ドイツに勝ちましたね)あ、そうか、浦上さんがいたよ。紅白戦できますね。

| さおり | 日本代表 | comments(6) | trackbacks(2) |

西部代表招集!!

2007.04.16 Monday

アー遂に来ましたか!!去年の成績から言って、西部が呼ばれない理由が分からないよ!と常々言ってきましたけど、遂に呼ばれましたね。で、でも、このタイミングで・・・。ちょうどあの試合終了直後の招集発表でしたよね。祝代表招集!のはずが、みな「え、このタイミングで・・・」となりました。が、西部にとっては良かったかもですよね?今チームにすぐ合流して練習再開するよりも、一旦チームを離れて代表という刺激のある場所で気持ちを切り替えて帰ってきて欲しいです。その頃にはチームも切り替わっているでしょう。代表の練習はまたひと味違うでしょうし、その身体能力を見せつけてきてくださいっ!!と、同時に藤本も呼ばれています。最近のダメな藤本を見ていると、今の藤本が代表に呼ばれても・・・って思いますが、藤本も気持ちを切り替えて来て欲しいです。試合で真っ先に交代させられたのもショックだったかもしれませんが、理由は本人が一番よく分かってるはず。一部には「代表ばっかりで張り切りやがって」という声もあるようですけど、10番が立ち直ってくれなきゃ困るんですっ!!ケガなく帰ってきますように。
次は和道呼んでください!!といっても、オシムさんの求めるCB像とはかけ離れている気もしますが・・・。じゃあ、市川なんかどうっすかー!?市川は内田や森より下ですか??そんなはずはないです!!
そして驚いたのが近藤の招集でしたね。昨日もDFを引きずりながらの良いゴールを決めていましたし。それにしてもレンタル元のFC東京は・・・。レンタルにだした選手が代表に呼ばれるなんて、さすが今年のネタチーム筆頭ですね。やらかしてくれます。

それから弟が招集されてますよぅー・・・。

| さおり | 日本代表 | comments(12) | trackbacks(0) |

五輪予選/シリア戦

2007.03.29 Thursday

家長の右足侮れねー。平山2ゴール。ヘー。
というわけで、3-0で快勝、試合内容もほぼ完勝。これまで連携面で抱えていた問題も今日の試合では解消されていましたけど、それ以上に目立ったのが、シリアの動きがあまりにもひどかったことですね。中盤から前のプレスはほぼゼロ状態、マークもゆるゆる、挙げ句に走れない。どうしたんでしょうか??でもこれで4月18日のアウェー戦を戦う上で、精神的に非常に楽になったことには違いないですね。二次予選のうちにチームとして仕上げなくてはですし、残りの試合数を考えても、そろそろ固まってこなければですし、願ってもない結果になったのでは??反町さんも「評価の難しい試合」としながらも、ホッとしていたのは表情にもアリアリでした。
エスパルス関連では海人はテレビに映ったから合格!!青山は積極的なあがりもあり、元気でしたねぇ?藤本も青山もエスパルスにいるときよりも、代表にいるときの方が元気に見えるのは気のせいでしょうか??なんとなく溌剌としているような・・・。エスパルスの調子が悪いから、そう見えるのかもしれないですね。でもいつでもどこでも変わらぬ感じなのは枝村です。
あと今日は1〜2本ではありますが、青山らしからぬフィードがありましたね。なかなか良いキックじゃなかったですか??ピュゥーっと糸を引くようなボールを蹴ってましたけど、あんなフィードもエスパルスでは発動しておりません。ビルドアップ面は相変わらずでしたけど、青山の成長を感じて嬉しかったですね。でもやっぱり、青山は典型的な4バックのCBだと個人的には思ってます。このポジションをやるが為に産まれてきたかのような素質を持った選手だと思います。ただ3バックでも役割がはっきりしますから、青山に合った役割が割り当てられている分には威力を発揮しそうですネ。
それから途中出場の枝村も「決めれるものなら決めてみろや」的なドSなパスを繰り出しておりました。短い時間ながら確実に存在感を示しましたよね。醒めた目ではずした平山を見る感じが枝村らしくて良かったです。ドンマイドンマーイ!みたいな手振りは絶対しないですね。でも平山はドMなんで、きっとそんな枝村にハァハァしてたはずです。
それと見違えるほどの働きをしたのが本拓くん。守備面でも攻撃面でも、今日の本田くんは良かった。家長ほどではないにししても、本拓くんも調子の波が大きいのかな??今年は大学の方に専念して強化指定はしないとかいう話しもあるようなんですが、どうなんでしょうか??強化指定するなら、是非もう一度エスパルスに!!そして来年はオレンジ色に!!
その他の選手も今日は何だか積極的でしたね。シリアのコンディションの問題もあったかと思いますけど、このチームが持っているポテンシャルを初めて発揮できた試合だったと思います。ただ、相手が今日のシリアでなかったら失点してたかもしれないミスもいくつかあったし、気を引き締めて頑張って欲しいですね。いずれにしても、最終予選のレギュレーションがまだ決まっていない以上、出来るだけ好成績で終わっておきたい二次予選ですね。

| さおり | 日本代表 | comments(2) | trackbacks(43) |

五輪代表のチケット売れず

2007.03.28 Wednesday

今夜の五輪二次予選、最初の天王山シリア戦のチケットが1万枚しか売れてないそうですね。国立の1万人、正直ガラガラです。前回の五輪二次予選初戦だった香港戦も1万1千人だったので、同レベルの観客動員ということになりますか。サッカー協会は北京五輪代表チームの恐ろしい不人気ぶりに、かなりナーバスになっているようですけど、でもこれ、そんなに異常なことですかね?むしろ正常な数字なんじゃないでしょうか。今までの何でもかんでも代表代表の代表人気が逆に異常だったんじゃないかと思います。まあ、最終予選も土壇場まで来れば、ホーム戦も満員御礼になるのでは?
色々な原因があると思いますけど、一番大きなことはサッカーファンにとってはクラブ>代表になってきていることだと思います。欧州では当たり前のこの図式も、Jリーグも15年経って、ようやく各クラブのチームカラーみたいなものがはっきりしてきて、サポーターにとっては代表よりも我が町のクラブの方が大事という風になってきているように感じます。それこそJリーグの理念に掲げた地域密着のクラブ運営の賜物じゃないでしょうか??だとしたら、協会の計画は成功してると喜んでもいいくらいです。
むしろ、そこから乖離してしまっている感があるのが各メディアですね。スポーツニュースのJリーグ速報ですら代表目線でしか見ておらず、基本的に代表選手のいないクラブはスルー。無理に煽りまくる代表戦、空っぽなワイドショー的な報道スタイル、大してサッカー好きでもない芸能人を使った番組作り、そうして◎通によってドル箱化した代表ブランドが、ドイツW杯の悲惨すぎる閉幕を転機に正常化しはじめた、のかもしれませんよ。
先日のペルー戦は久しぶりの満員のスタジアムでの開催となりましたけど、テレビ放送では裏番組の亀田祭りやフィギアに視聴率で敗戦。川渕さんは「意外な数字」って言ってますけど、意外でも何でもないです。実際、国内でやる花試合的な親善試合が過剰だったジーコの4年間のおかげで食傷気味なんですよね。国内での試合がドル箱でないと気づいたのなら、どんどんアウェーへでかけていって、ガチンコ勝負をしてきて欲しいです。世界でも類を見ないほどの強化費がたんまりあるんですから。
ましてや、五輪代表までも代表ブランドのひとつとしてお金儲けに使おうなどという魂胆は捨てて頂きたいものです。反町監督の「メッセージのあるパスをだせ」という発言も、戦略的なこと以上に「観客に伝わらないプレイぶり」「代表へのリスペクトを感じない」「気持ちがこもってない」などという北京五輪代表への批判に危機感を持っているのかもしれません。「視聴率や観客動員が悪いから」という理由で解任でもされたらたまったもんじゃないですもんね。とはいえ、今夜のシリア戦は楽しみです。青山も枝村もケガをしないように頑張って貰いたいですね!!

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(1) |

キリンカップ/ペルー戦

2007.03.25 Sunday

いやもう、藤本が出るとは思っていませんでしたので、出た後と出る前では印象が違います。出るとは思ってなかったというのは、おそらくジーコの4年間の序列選考の後遺症みたいなもので、藤本もきっと呼ばれただけで、試合終了後には「列に並んで待っててね」みたいになるんだよなっていう風になっていたのですね。だからもうペルー戦見ながらケーキ食べたり、ジュース飲んだりしながらゴロゴロゴロゴロ見てまして、「何だよお前らグダグダグダグしやがってー」とか「何だよキノコ!!プレーがおせーよ!!」とか「巻師匠!!師匠としての仕事忘れちゃダメじゃないカー!!」とかですね、散々悪態ついてたんですけど「日本代表、藤本が入るようです!」という堀池さんの声に、ええええええええっ!!と寝た子が起きました、ええ。
「あ!淳吾映った映った映った!!映ったよ!!ブルーだよ!!」
弟「そりゃ映るだろ、テレビだし。そりゃブルーだろ、代表だし。」
「ああ!!淳吾交代!!バカ審判!!何で水野と家長のあとだよ!」
弟「3人一緒なんだから、先も後もねーだろ」
「ああーー!!キノコと交代だって!!世代交代だって!!」
弟「いや、そうは言ってねーだろ(苦笑)」
その後も背番号17を必死に追いかけますが、どこどこ、どこにいるのだ!!となり「松木間違えんな!バカ!!巧さんGJ!!」「アホか!水野!!そっちのCKはレフティー藤本だろ!!このでしゃばりがっ!死ね死ね死ね!!」「あーFK!蹴らせてって言えよ!!ほら!!蹴らしてーーって言え!!」「あ、蹴った!!わーーん、惜しいーーー!憲剛ちょっといいやつだな」
と、10分の間テレビがぶりつき。我ながら冷静さを失いました。だって4年ぶりですよ。あのトルコ戦以来の代表の応援ですよ。よーし、藤本良いデビューだったぞー!!でもしかし、ゴール前に突っ込んだプレイとか、エスパルスで何故やらん!!とにかく拍手拍手!!パチパチパチとやってる後ろで弟は仏頂面。「なんだよぅ、ジュビロも京劇役者(川口)がでてんじゃん」
「京劇役者って言うな!!」もう藤本デビューでお腹イッパイです。

さてペルー戦。振り返ってみます。まずペルーが主力抜きであることや、長時間移動後で時差ぼけのあること、ホームであること、相手関係は色々差っ引いて考える必要はあるにしても、オシムさんのチーム作りが次のステップに上がったことは確実ですね。つくずく用意周到な人だと思います。欧州の選手を招集するタイミング、場所、周りの選手の配置、その練習、絶妙だったと思います。これなら国内組VS海外組みたいにはならないでしょうネ。
ただ、今日の俊輔はコンディション悪かったんでしょうか?それとも代表に帰ってきたら「代表の俊輔」になってしまうんでしょうか?ただただボールを散らすのみで、最近のセルティックで見せているようなプレイがありませんでしたね。そして相変わらず俊輔のところにボールが入るとスピードが落ちてしまう。今回は初めて合わせるということもあったし、連携面は仕方ないにしても、俊輔に期待するプレイの半分程度だったでしょうか。ただ、前に比べると、走る距離は雲泥の差ですね。高原も同様にフィットしてない状態が続きましたけど、あの鬼トラップ以降、良かったころの高原に戻っていましたよね。ドイツでの成功が自信を取り戻すキッカケになってるのかもしれないですね。特に前半がそうだったと思いますが、残り15メートルの問題は全く解決されておらず、チャンスも作れずシュートも少なかったですけど、特に前半、サイドにぽっかり空いていた、あれだけのスペースと時間の余裕がある状態でのクロスが、あんなうんこクロスでは4-4-2のSBとしてはどうなんでしょうか??左SBには駒野しかいないんでしょうか・・・。
遠藤は思っていた通り、俊輔を組み込むために必要だと言われていた、無駄走りしたり、スペースを埋めたりする役目を黙々とこなしていたという意味では立派だなと。オシムさんは俊輔を使うなら、複数の選手が汗をかく必要があると言っていましたが、今日の様子では俊輔自身の変化もあるし、このまま煮詰めていけば面白いチームになりそうな気がします。
ただ、今日の相手が飛車格落ちのペルーだったということを考え合わせると、欧州組を救世主のように祭り上げるスポーツ新聞やテレビのように、今日の結果を素直には喜べませんよね。例えば、ピサロ、ファルファン、ゲレーロといったあたりの第一級FWが3トップで並んでいたらどうだったでしょう??両サイドとも押し込まれていたら、今日唯一攻める形が出来ていたサイドも死んでいたでしょうし失点したかもしれないです。逆にペルーがこれといって攻撃の形が出来ていなかったせいで、今日の新4バックの出来具合が分からなかったのが残念といえば残念。後半のペルーFKの場面で大きなミスがありましたけど、そのくらいかな。
藤本は次の代表招集でも呼ばれるといいな。そのためにもエスパルスでしっかり戦って結果を出して貰いたいです。エスパルスあってこその代表なのですし、ここ最近の藤本へのマークは非常にタイトにはなっていますけど、それを乗り越えなくてはです。10番を背負うとはそういうことですしね。

| さおり | 日本代表 | comments(6) | trackbacks(0) |

ペルー代表来日

2007.03.23 Friday

いつもいつものことながら、ペルー代表に主要メンバーがいませんね。バイエルンのピサロも、PSVのファルファンも、ハンブルガーのゲレーロもいないじゃないですか。見たかった選手が1人も来ないとはっ!!当初はメンバーの中に名前もあったのにナア。たった15人しか来ないのでは、ベンチも満員になりませんね。はるばるアウェーまで行ってウクライナと対戦したのに、シェフチェンコがいない!というのもありましたけど、常に日本のマッチメイクはこんな感じ。舐められてるんでしょうかね??
今回は韓国戦がつぶれてしまって急遽相手探しをしたという不幸な経緯もありましたけど、年間通じて場当たり的な強化プランに終始するんじゃなくて、協会には唸るほどお金があるのだし、もうちょっとましなプランをたてて欲しいものです。ドイツの反省、まったく出来てないですね。ホームで代表戦をやって「ボロ儲けしたい」という意図ばかりが見え隠れです。
日本代表の方は練習開始されているようですけど、本田の俊輔への印象のコメントが「単純にうまい。当たり前のことを当たり前にできる」って、書き方もあるかもしれませんが、何で上から言ってるですか!確かに俊輔は茸かもしれませんが、本田に上からモノを言われるレベルの茸ではないのだよっ!!コーチのコメントかと思いましたよ。俊輔の「オシムさんの練習はためになるし、やればやるほどよくなっていく」というような言葉は首をひねりながら練習していたジーコ時代には聞かれませんでしたし、若手選手にも珍しく厳しい口調でコメントしてますね。俊輔も世代が変わって意識も変わったのかもしれませんが、また報道が「俊輔と高原が入ったから劇的に化学変化!」みたいな欧州でプレイする選手を救世主に見立てようという感じですけど、辞めて欲しいですよね。メディアにこそ協会以上にドイツの反省が必要なのかもしれないです。でも、代表も雰囲気が変わってきました。飛車格落ちのペルー代表ですが良い試合になるといいですね。ちなみに、高原もこっそりドイツ語でオシム監督と話すなど猛アピール中の模様です。なんか仕草とかもちょっと外人風になっていて、ちょいうざですが、ゴールすればテレビ新聞で神扱いになることは間違いないところです。
さて、藤本ですが、昨日のフルコート10対10+1の練習では藤本は橋本とコンビでボランチに入ったようですが、また意外なポジションに入ってますね。しかし入ったチームはどう見てもBチーム。いずれにしても多彩な実戦的なメニューで練習をしているようで、藤本には良い刺激になるかな。まずはベンチ入り18人に残らなくてはですね!!

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |
<<new | top | old>>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.