100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

<< オレンジ色の行方 | main | 本気なのですね >>

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

監督批判

2007.06.28 Thursday

おはようございますっ!!

昨日は久しぶりに夜に会議がありまして、バタバタしてしまいました。しばらくなかったんですけどね。なのでおとといから切羽詰ってレジュメ作りを頑張りました。相変わらず切羽詰らないとやりませんね。子供時代から一向に改善されません。大きなイベントを終えて一ヶ月ほど間が開きましたけど、また始動です。

さて、ストヤノフも退団だそうですね。三浦アツのところは完全にこじれているようですけども、うちは大丈夫でしょうか?まさか健太さんにたてつくような(根性のある)選手はいないと思いますけど、監督批判って半ば確信犯な気がします。そりゃ批判もしたくなるわなっていうケースもあれば、単なる選手のワガママだったりする場合もあるとは思いますけど「監督批判をする」→「罰則」→「場合」によっては退団というのは分かっていてマスコミに向かって批判コメントをするわけですしね。小野が無罪放免だった理由も良くわかりませんけど。でも、ロッカールームでこそこそ悪口言うのはオッケーなんですよねえ??我を通すということをよしとしない、和の国日本では、あまりないことでしたけど、最近はそうでもなくなってきたのかな。自己主張の強い欧州サッカーなどでは、しょっちゅう起きてるような気もしますけどね。
それに関連してチームの雰囲気ってどうなんでしょうか?最近、エスパルスの雰囲気良くないよねっていうのは良く聞きますし、実際の観戦時にも「あれ?」と思うことがちらほらとある気がします。「調子が出ないから」というのでもないと思うのです。あの降格のピンチの頃はまさにチーム一丸となっていましたしね。
選手層を厚くすることと、サブの選手のモチベーションというのは反比例することは良くあることだと思います。選手層が厚くなれば、これまでのレギュラーだった選手がスタメンをはずれたり、ベンチにすら座れなかったりすることも多々ありますよね。しかし、長いシーズンはスタメンメンバーだけで戦えるわけではありませんし、チーム全員で戦う必要があって、特に練習の場合はトップもサテもほとんど一緒に練習するわけですから、一部の選手に不満や疑念が溜まり始めると一気に雰囲気は悪くなりますよ。それで崩壊してしまうチームもあるわけです。ジー○ジャパンみたいに。
今季は当初からサブとなる選手のモチベーションは心配されていましたよね。その部分については開幕前に今季の不安点として挙げましたけど、果たして健太さんは、その点において及第点といえるチームマネージメントをしていると評価できるのでしょうか?1年目、2年目はうまくいっていたと思うのです。「世代交代」という大きな流れの中にありましたし、若手の台頭という意味で納得のできる選手起用だったように思いますし、実際多くの選手を我慢して使い続けることで育てることに成功したり、新たな戦力を発掘したりすることも出来ました。その反面、ベテラン選手が出場機会を失って、チームを離れるということも一抹の不安としてありました。
そして優勝を目指す3年目。選手層を厚くするという補強をしスタートを切ったわけですが、明らかに健太さんの起用方法にも変化があったと思うのです。サテで結果を出した選手を引っ張りあげる、調子の良い選手を使う、様々なことがあると思うのですけど、今年は何かが違うという気がします。戦術的に動脈硬化のようになってしまっているのか、代表選手がたくさん出るという慣れないことがあったことでチームに落ち着きがなくなってしまったのか、それとも健太さんの中に何か大きなイメージがあって固執している面があるのか、その理由は分かりませんけど、その結果、チームを離れる選手もでました。何も全ての責任が監督にあるというわけではないです。もちろん選手側に問題がある場合もあるでしょうけど、でもどうでしょうか?本当に選手は納得し信頼して戦っているでしょうか?試行錯誤も迷走となってしまうと、チームも徐々に雰囲気が悪くなるものなのかな?と思ったりもしますが、なんだかスッキリしないまま前半戦を終えて、あと1試合。この中断期間にキッチリと元の一枚岩に戻れるかどうか、実はすごく重要なことなんじゃないかと思ったりしています。またみんなでリアルキャンプでもした方がいいのかな。杞憂で終わりますように・・・。

さて、今日も頑張りますよ!!

| さおり | サッカー全般 | comments(6) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

たま (2007/06/28 12:18 PM)

こにょにょちは。
お〜〜!!さおりさんってば公然と監督批判ですか(笑)
これはもう干されますね,カラカラに。

来季の移籍は決定的かと!!さおりさんよ何処に行く。嫁に行くか!…はないか。

健太監督もトップチームの戦績的には決して悪い監督では無いという評価になるのかも知れませんが,チームマネージメントという面では疑問符かもしれませんねぇ。少なくとも個人的には上司にいたらイヤかも…な。

tangerine (2007/06/28 12:51 PM)

戦術と自動車と結婚の話は基本スルーのtangerineですこんにちは!

あらまあ、たまさん
「嫁に行くか!…はないか」ですか(笑)
さおりさんはある日突然トンッ!と決断して行ってしまうと私は踏んでおりますが

健太には昭和のガンコ親父のイメージがあります
動脈硬化ですか…
血管が切れないことを祈ります
I bleed S-Pulse Orange!!(いや、何となく叫びたくなる今日この頃…)

ならんは (2007/06/28 3:33 PM)

こんにちわー。

そういえば、なんて雑誌か忘れましたが、社長だかマス久米ロンさんだかが、「健太監督を清水のファガーソンに」とかという記事を見かけましたぞ。

「???」
でいいのか
「!!!」
あるいは
「(@_@)(驚 」

とすべきか、スカパーに入ってない私にはわかりませーーん、ということで、終わっておきます。
(でも、ほんとにまだまだ欧州勉強中なのですよー。)

さおり (2007/06/28 4:12 PM)


>たまさん

なにその新しい挨拶!?
え?え?え?え?え?
ワタシ?ワタシ監督批判ナンテ シテナーイヨゥ(宮崎吐夢風)
でもこれはスポーツ新聞的に言うと
「監督批判ともおもわれるような発言を・・・」とか
そんな風に書かれちゃうんでしょうね(笑)
カラカラに干されても私はサテで頑張ります。
嫁?アハハ・・・。はあ・・・。なんのことですか?
ですから、この先10年はありえませんですよ。。。ええ。

私的には健太監督の功績も非常に(健太風)大きかったと思ってます。
戦績だけという意味ではなく、エスパルス沈没を救ったとも思います。
それはでもむしろ監督としての手腕というより健太さんの
キャラクターやカリスマ性によるものが大きかったかなっと。
だからこそ、健太さんの下に優秀なコーチやSDなどを配置することが
必要だったと思うのです。だって健太さんも今、監督として成長中
というところだと思いますし。何しろJ初監督だったんですしね。
まあ、自分の上司だったらどうかなあ。。疾風怒濤だもんなあ。。。


さおり (2007/06/28 4:13 PM)


>tangerineさん

結婚の話しは私もスルーです。こんにちはっ!!

えーっと、ある日突然決断するにしても、相手あってのことでして
毎日毎日、野菜と野生動物相手にしているだけで出会いもないです。
もうこれはたぶん、こうして私は朽ち果てていくのだと覚悟しております。
いいんですっ!!いいんですよっ!!シクシクシクシク

健太さん、確かにガンコ親父ですねー(笑)
「一度言い出したら言うこときかん!!」みたいなイメージです。
あぁ、血管きれそうーー。どうしよーベンチでパタッ→カクッみたいな。
とりあえず、みんなビビってることは確かですよね。
ノボリさんも健太さんにインタビューするときはビクビクしてますし。
まあでも、男性に惚れられるタイプかもしれないですね。
いや、そういう意味ではなくて!?ビクビク

さおり (2007/06/28 4:13 PM)


>ならんはさん

こにちはーーっ。

マス久米ロン・・・お、おいしい?(笑)
ファーガソンにかあ。いやぁ・・・うん、無理(笑)
だからといって健太さんが他クラブの監督をするというのも
あまり想像できないですし、エスパルスに残ってGMとか
そうした仕事で力を発揮してくれぃ、とは思います。
地元での人気、人望、という意味では文句なしだと思いますし。

やはり、健太→大榎→誰か→沢登なのではないか?と。
この誰かが巧さんだったりすると「お笑いエスパルス」の誕生です。










TRACKBACK

url: http://100kaju.jugem.jp/trackback/554
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

| - | 2007/07/08 7:17 AM |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.