100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

<< 日本代表30人発表 | main | クレームとセクハラ >>

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

第16節/名古屋戦予習

2007.06.20 Wednesday

もう16節かあ。モタモタしているうちに半分きちゃった感も否めないところではありますが、名古屋戦です。中断期間まで名古屋戦を入れて3試合。グダグダな結果を残したまま中断に入るのか、ビシィッとした感じで中断に入るのか、ここらが分かれ目ですね。後半日程のところでも書きましたが、昨年の夏の快進撃が始まったのは15節。このあと快進撃がはじまる(予定)のだとしても、そろそろ爆発しなければ順位的に厳しいものになり、モチベーションも下がりそうで怖いです。
そこで名古屋グランパコですが、ここんとこ相性が良いという印象です。昨年はホーム開幕戦で藤本、ジェジンのゴールで2−0、アウェーではジェジンとヨンセンという両チームのエースが1点ずつ決めてドロー。負けてないです。こうしてみると、ジェジンって決めてるところでは決めてるのかな。今季の名古屋は開幕当初は好調で、こりゃフェルフォーセンきたー?と思ったのもつかの間、エスパルス同様グダグダしはじめて、今は勝ち点も並び、得失点差も同じ。ここを勝った方が中位グループから上位グループへの足がかりを得ることになります。浦和戦を前に負けて転落状態ではいやですね。絶対勝てよ!もう!!という状況のアウェー名古屋戦です。
エスパルスのスタメンですがマリノス戦に大きくいじっただけに難しいですね。青山は戻りますが(体調不良という話しもありますが?)、左SBは児玉なのか兵働なのか。ここで中盤の構成やベンチ要員の構成が変わりますね。フェル、藤本、浩太、テルの4人で構成した中盤が機能していたり、岡ちゃんと矢島の2トップも悪くなかっただけに難しいです。その2トップもジェジンがスタメンで戻るかどうかも分かりませんし、読みきれないところがありますね。スタメン発表を楽しみにしますっ。
でも「今週こそ太田はベンチ入りなるのか!?」という心配はなくなってしまいました。何だかやっぱりさびしいですね。今の交代カードが単調なだけに、いきなりアンジーがベンチ入りというサプライズもあるかもしれませんが、今はまだ過剰な期待は出来ませんし・・・。健太監督の手腕が問われるところです。
名古屋グランパスと聞いて思い浮かぶイメージは「中位力」かな。地味に常に中位にいるというイメージで、これといって特徴を感じないというか、話題にのぼらないというか。お金はあるはずですし、環境も悪くないはずなのになあ。まあ、それが浮き沈みの少ないチームになっている理由かもしれませんが、ジェットコースターのようなチームを応援するよりは疲れないのかな。さて、平日ナイターの瑞穂ということで、どのくらいお客さんが入るのか疑問ではありますが、なんだか沈みがちなエスパルスですので、スカーッと勝って週末のホーム浦和戦へ向かいたいところですね!


| さおり | S-PULSE | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS










TRACKBACK

url: http://100kaju.jugem.jp/trackback/543
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.