100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

<< 今日は観戦日和? | main | アンデルソン獲得 >>

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

第15節/横浜マリノス戦

2007.06.17 Sunday

うん、うーん、確かにやってはいけないミスだったし、帰り道は「どうして勝てないのか・・・」とモワーンとしていましたが、試合を冷静に振り返ると、前の試合に比べれば随分良くなったよね、とも思い直しました。健太監督、勝負の新布陣は予想通りのそのまんまの布陣で、逆に前日にこれだけスタメンが漏れている非公開練習に一体どのくらいの価値があるのかとも考えさせられるほど、そのまんまでした。
改めて書くまでもなく兵働の左SB、児玉のCB、浩太の起用、フェルナンジーニョをトップ下に戻し、矢島と岡ちゃんの2トップ、このいじった部分については結果がでていたと私は思うのですがどうでしょう?まず児玉ですが、CBの児玉を見ていて「ああ、児玉ってこんなに戦術眼のある選手だったんだな」と見直した点が一点。斜めに動くスピードも意外に速いし、サイドに張っているときには気がつかなかったことがいくつかあり安定感もありましたよね。ただ、ポカーンとマークをはずすことがたびたびあるのが怖かったですけど。浩太は今のエスパルスに足りないものをもたらしていたと思います。言い方は悪いですが、チームにとって必要な汚いプレイをさせたら天下一品ですね。チェックをかける場所も絶妙でした。身体も少しガッチリした印象だったんですが、気のせいかな。2トップの二人も動きの質はいつになく高く、岡ちゃんはゴールも決めました。矢島は「何であれが入らないんだろう・・・」という運のなさ(?)も感じましたけど。2トップがあれだけしつこく裏を狙っていれば、DFとボランチの間にギャップは必ず生まれてくるもので、おかげでフェルナンジーニョのトップ下も機能する時間帯も増えていたし、周りが動けばフェルナンジーニョの球離れも良くなることは確認できましたね。やはりFWの動き一つで随分違うな、とも思いました。わずか数分でしたけど、交代で入ったジェジンの動きも今日はよかったように思いました。兵働は特に前半、右サイドとのバランスとりに少し苦労しているように見えました。サイドが上がったときのラインの動きも、いつもよりはぎこちなかったかな。でも良かった面もずいぶんありました。と、これだけ良かった部分が増えたのに、何で1点しか取れなかったのか?ですが、これはもう決定力不足などという簡単な言葉では片付けられないかなっていう風に思います。今日の布陣ではっきりしたのはサイドの使い方にやっぱり大きな問題は抱えたままだということですね。
あと健太監督。思い切った策にでたし、これでダメだったらアウト!という背水の陣だったと思いますが、勝てはしなかったものの一定の収穫はあったと見るべきでしょうか?前半スタート時から高い位置でガンガン来ると予想されていたマリノスのプレッシングに対する解決策はロングボール→2トップの裏という理にかなったものでしたし、実際、今日の2トップが効いていたおかげで相手のラインは間延びして、プレスが緩んだらパスをつないで崩していくという使い分けができていたのは良かったと思います。交代策も消極的と見るのは簡単ですけど、それはあまりにも結果論かなぁとも思えます。あのまま逃げ切っていれば「グッジョブ!」となっていたでしょうし、高さのあるFWを入れてきた時点で平岡をCBにいれ、児玉を左SBにして兵働を一枚上げるという策をとれたのも、マルチロールに対応できる児玉と兵働を入れていたからだし、おそらくリードした終盤にはこうしようという計算があったのだと思います。兵働を切るのではなく藤本を切ったのも、浩太を切るのではなくフェルナンジーニョを切ったのも、今までにはなかった采配だったと思います(水曜日を考えた温存という意味でなければ)個人的には首をひねるような交代ではなかったとは思いますし、最後のあの失点はもはや事故に近いかと。むしろ、1点しか取れなかったことに引き分けの要因があると思います。今日は選手も監督も勝負に拘っていたと思ったし、今日はあのまま1−0で逃げ切れる、と思っていたのですが・・・。残念な結果ですね。ついに中位グループに吸収されてしまいました。ただ、今日のような戦い方をするのであれば、なぜベンチに太田を置いておかなかったのかな?という点が疑問。先週までの戦い方ならいざしれず、この試合でやっていたゲームプランには明らかに有用な選手だったと思うのですが。どうなんでしょうね。よく分かりません。
今週は中3日で名古屋アウェー、中2日で浦和と連戦が続きますが、DFラインは元に戻すにしても、それより前は今日の布陣で行くのかな。

| さおり | S-PULSE | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

じゅんごジュンゴ (2007/06/18 2:28 PM)

こんにちは。
鎖骨いかがですか? 鎖骨・・・重要ですよね。
僕の知り合いに女性の鎖骨が好きだという鎖骨フェチがおりまして、
昔、なんでそんなに鎖骨が好きなのか?とクドクドと講釈を聴いたことが
ありますが、そんな話はどーでも良いですね。失礼しました。
でも、お大事に。

土曜日は買い物に出掛けていたので、携帯電話でチェックしておりました。
後半42分あたりで更新が止まっていたので、嫌〜な予感がしたのですが、
見事的中してしまいましたね・・・。
ただ内容は良かったようですね(前回よりは?)。
その中でもコウタが良かったと。
貴解説の
>浩太は今のエスパルスに足りないものをもたらしていたと思います。
>言い方は悪いですが、チームにとって必要な汚いプレイをさせたら天下一品ですね。
>チェックをかける場所も絶妙でした。

なんかとっても目に浮かびますね。前回の試合にこそ、こういうプレーが必要だったんでしょうね。
必ず汚れ役って必要だと思いますよ。きれいにやるに越したことはないだろうけど、
それでできなかったら少々汚いこともしないとね。
相手のキーマンにガツガツ行くとか。
コウタ君もドイツW杯一緒に見に行ったお友達がタイホされ、期するものがあったのでしょうか?

とにかくもうちょっと気持ちを見せて欲しいですね。
さーて、今度はいつ見に行きましょうかね?

たま (2007/06/18 8:43 PM)

太田選手…。
ここ数年一時期の清水を築いた人々が辞めていきましたが,それはある程度納得出来てました。
ただねぇ今回のは何だか…。例の怪しい大会といい,今回の件といい,清水を支えるコアなサポが離れてはしまわないかとやや心配になります。
ただ太田選手に関しては,監督の人事次第ではまた日本平でその姿を見られる可能性が有ると思います。頑張れ〜マジで。

干されてるって事はないでしょうが,康平選手にしても浩太選手,純平選手,真希選手にしてもどうもユース組は厳しい環境にありますね。チームが数年かけて育てた若手が活躍出来ないってところは正直どうなんでしょうか?それって選手のせい?それってようは長期的な選手育成が清水には無いって事ですよね。

あと他の方も触れてましたが,マリノス戦後半開始時に一人円陣に遅れてきた方がいらっしゃいましたが,あれはどういうことなんでしょうかね?せめてダッシュでこいよ。
あ〜〜〜〜〜〜なんだか今日はなんだかモヤモヤします。グチグチモードですわ。

さおり (2007/06/18 9:41 PM)


>じゅんごジュンゴさん

こんばんはーっ!
鎖骨は大変痛いのでございます。特に腕の上げ下げが痛いです。
鎖骨好きの理由・・・理由があるんですね、やっぱり(笑)
でも、鎖骨っつても、所詮骨っすよ!ただの骨っす!!

マリノス戦は良かったですよ。だいぶ。
結果はアレでしたけども、収穫ありという試合でした。
浩太も良かったです。おっしゃるとおり、FC戦のような
試合のときこそ必要な選手でありプレイだったと思います。
たぶん、浩太もその辺のことは自分で分かってたんでしょうね。
きれいなサッカーをしすぎるところがありますからね、昔から(笑)
浩太のような存在はチームには絶対に必要だと私は思います。
しかし、マリノス戦のような布陣はシーズン前に何度も試したのに
今になって機能するというのも因果なものですね・・・。

レッズ戦の生観戦はおやすみですか??
チケットがもうすぐなくなりそうです。


さおり (2007/06/18 9:42 PM)


>たまさん

この件については、今から書きますが。。。
健太さんが来る前の年、エスパルスで一番活躍して将来を渇望された
のが太田選手でした。分からないものですね。
監督が変われば当然システムもかわり、今まで中心だった選手が
はずされるということはサッカーには良くあることですが、
今回の件については、たぶん誰も納得してないでしょうね。
今回の件はフロント主導であったという話がありますが、
柏からのオファーがあったのは太田が干されていたからに他ならず
健太さんの采配が影響したことは否定できませんしね。
ユース組の成長が止まるということは重大なことだと思います。
やっぱり18歳〜23歳くらいまでの育成に大きな問題を
抱えていると考えて間違いないと私は思ってます。
選手のせいなのかクラブのせいなのかは分かりませんけど
もちろん選手にも問題があったかもしれませんが、
そこを解決していく力がクラブにないと困りますね、これから。
大卒選手の獲得に反対ではありませんが、半ば18歳〜22歳
までの育成を大学リーグへ丸投げしたような状況は
改善していくべきでしょうね。バランスの問題だと思います。

えーっと、円陣に遅れてくるやつ??
最近のあいつはずっとそうですよ。
あの最悪の試合をやったあとでも、ヘラヘラ笑って
招待席に手を振ってるわけですから。
今日、代表をはずれたようですが当然です。
誰かガツーンと言ってやれよ!!とイライラしております(笑)











TRACKBACK

url: http://100kaju.jugem.jp/trackback/536
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.