100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

<< 第13節/広島戦予習 | main | イベント終了!! >>

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

第13節/広島戦

2007.05.27 Sunday

はぁー、うーん、なんでしょう。何となくイヤな予感が的中したっていう感じでガッカリです・・・。相性の良いはずの広島戦自体に良い印象がないのもあったし、先日の大宮戦も、その原因だったような気もします。なので、大宮戦ののときには広島戦とセットで結果を見たいですなどというような書き方になってしまっていたのですけど、残念ですね。例えば、野球で良くあるホームランがバコバコでて大勝した次の日の試合では一転してしょぼく完封負けみたいな空気だと思えてたわけですが、こういうところで勝ちきれないのは、やっぱり何かが決定的に足りないのでしょうね。それは戦力とか、戦術とか、メンタルとか、フィジカルとかそういうものではなくって、チームとして何かが決定的に足りないのだと思います。今年は「それがなんなのか?」を探し当てるシーズンで終わってもいいかなぁ、と思い始めました。今日の残り試合の結果にもよるのだと思いますけど、リーグの約半分が恐ろしく団子状態になってきました。おそらく、浦和、ガンバ、川崎あたりから降格圏の間のチームは全部、五十歩百歩なのだと思います。そこから一歩抜け出すには、選手層の厚さなど長いシーズンをフルで見た場合の強さを発揮できるチームでしょうし、さらに優勝争いに絡むには、やっぱりその足りない何かのピースを埋めないことには無理なのかな。
広島戦を見ていて思ったのは「これならウェズレイいた方が良かったな」という感じでした。ウェズレイ不在による広島の戦術が徹底していたこともあって、エスパルスにとって苦手なゲームになってしまったのかもです。例えば、10人になった相手に対して攻めあぐねているような感じでしたよね。ちょうど先日のCL決勝戦の特にミランが、中盤を厚くしてしっかりブロックを作って守るリバプール相手に、それこそスペースの全くない中を切り崩していく様々なスキルが何度も見られたようには、いかなかったようです。
それから甲府戦での大木監督、広島戦でのペトロヴィッチ監督らが「エスパルスは強いが、どこを抑えれば良いかはもう分かっている」というような趣旨のコメントを同様に言っていることも気になりますね。昨年の躍進のように一種のサプライズとして扱われているときは通用したことも、優勝を争う強豪チームのひとつとして認識されて、しっかりスカウティングされ、研究されている、ということを、もっと意識するべきなのかもしれないですね。
さて、1週間の代表ウィークおやすみを挟み、次の試合は2週間先のホーム、FC東京戦。去年のホームFC東京戦といえば「PK祭り」だったわけですが、今年はどうなるでしょうか??ふぅ、全く消化不良だ。
テルさんの382試合出場が「祝」ムードにならなかったじゃないかっ!!

| さおり | S-PULSE | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS










TRACKBACK

url: http://100kaju.jugem.jp/trackback/481
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.