100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

<< 完売しましたっ!! | main | 肘が痛いのです >>

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

第6節/川崎フロンターレ戦

2007.04.16 Monday

やっちゃったっ!!「えええええ・・・」となったまま30分は無言になったおりましたが、見ているこっちでもそんな反応になるんだから、ミスした当人、他の選手やベンチの気持ちはいかほどかと察して余りあります。

今日のトピックは何と言っても岡ちゃんですね!噂にはなっておりましたが、トップ下でのビックリ先発と、ずっとずっと待っていた初ゴール!!泣けてきたよ!!いや、ほんと嬉しかった。遂に決めた岡ちゃんヘッド!!これ以上ない岡ちゃんらしいゴール!!これで勝てば岡ちゃんの涙のヒーローインタビュー!!のはずでした。。。ところで、岡ちゃんトップ下起用で健太さんの考えるダイヤのトップ下が分かった気がします。これまでのトップ下というポジションのイメージではないわけですね。FW起用のフェルナンジーニョも下がる場面が多いし、そこで入れ替わるシーンが何度となくありました。このシステムでのトップ下とは限りなくFWに近いトップ下。もっと単純化するとジェジンの1トップに2シャドーといっても良いくらいのポジションなんだと思います。そしてもう一つ重要な役割が相手ボランチ前でプレスをかける守備的役割。今日は岡ちゃんが谷口、中村の前でしつこいプレスをしていて、実際それが効いていた時間帯もかなりありましたよね。だからこそ枝村で機能して、藤本やフェルナンジーニョでは機能しないわけですね。さらに、このポジションの選手には左右に流れてボールを引き出す役目も与えているようです。今日の試合ではジェジンが流れる場面が多かったんですけど、ジェジンはもっと中央で張ってもいいかもですね。去年はジェジンにあててワイドに展開して崩す形が一番良かったわけですし、後はその辺のバランスをもう少しとれればと思いますが、これだけ試合を重ねてきて、やっと健太さんのイメージが分かってきたというのは、どんだけ私の目が節穴だったのかと。ただ、これをモノにするのはさらに時間がかかる気がします。欧州ではこういうチームはありますけど。岡ちゃんのトップ下は及第点だったと思いますがどうでしょう??
中盤は他に兵働はやっぱり調子が上がってきていることは確実ですね。そして藤本は今日もモッサリしたまんま。今の藤本ならば、左右逆で良い気がしますせんか??もともと藤本の右サイドは左右のバランスを無視してでもキレキレ藤本の得点力を生かす布陣ですし、だったらキレキレのとき限定で充分なんじゃないかと思ったりもします。素人考えだねっと言われればそうかも。そしてバックラインは和道が間に合って、青山のところには平岡でした。クリアミスから失点という大きなマイナス要素はありましたが、あの失点はもっと全体の流れから考える必要がありそうですし、むしろ平岡は充分やれると思いました。次は廣井が見てみたいです。ナビスコで是非!!
試合の流れは、前半はどこか緩い感じがするものの、エスパルスペースといって良い内容だったと思います。後半は色んな意味で関塚さんと健太さんの駆け引きがありました。エスパルスは、いまだに90分トータルで試合を作れないというか、何というか。健太さんはスカウティングして試合に入るまでの準備、という面においては抜群だと思うのですが、実際の試合になって動きのある中での采配ってなると相変わらずな感じで、関塚さんとの差を感じた内容でした。修正がきかないというか、流れを変えられないというか。例えば、前半は川崎のワイドはエスパルスの右を警戒して森と村上を入れ替えていました。結果的にはバランスを欠くことになっていましたが、関塚さんは後半に入るとあっさり左右を元に戻しましたよね。これは藤本不調と見たことも影響があるかもしれないですね。その後、我那覇と谷口をアウト、黒津と河村を入れると試合の流れをたぐり寄せます。その3分後くらいでしたか?あのシーンがうまれるのは・・・。振り返ると、和道が相手プレスにボールを失いそうになったところをテルさんがカバー、ワンタッチで西部にバックパス。これが微妙なボールになり、胸トラップでポヨヨーンと浮き球になったところを、黒津にかっさわられてゴール、失点と・・・。テルさんがセーフティーファーストにタッチに蹴り出せば良かっただけといえば、そうなんですけど、位置的にはそんなに無理して蹴り出すほどの位置ではなかったとも考えられますし、信じられないようなミスでしたが、もうミスはしょうがないわけです。むしろ問題は2点目を失うまでの数分間ですよね。確かに西部のミスによる失点はショックだったのですけど、まだ1-1同点なだけ、という風に仕切りなおせる選手がいないわけですね。GKの凡ミスで失点をするということが試合へどれだけ大きな影響を及ぼすかという部分に関して西部に経験が足りなかったのかもしれないし、和道らにも経験が足りないのかもしれません。見ているこっちは好き勝手言えますが、選手は実際に、この前後数分間のみ集中力がぷっつり切れたわけですしね。あのシーンでは西部は別に当たってもいないけど「痛い痛い痛い痛いーーーーーーっ」と転がって、とにかく一旦試合を止める必要があったと思います。もしくは誰かが「キーパーチャージだろ!」とあり得ない言いがかりをつけるでもいいです。とにかく試合を止めて、落ち着く必要のある場面だったのに、みんな「あぁ・・・」という感じでふんわり試合を再開してしまい、意気消沈したままで産まれた次のミスをジュニーニョがボカっとついてきて、わずか2分後に失点。そして、実はその動揺はベンチですら動揺してることが露呈しましたね。即座に山ちゃんを入れようかと準備した健太監督でしたが、結局、藤本アウト西澤イン。おそらく選手も「オイオイ、監督動揺してるっぽいぞ?」と思ったでしょう。私なら思います。4-3-3にして攻撃に出ようというエスパルスに対して、関塚さんもスグに動いて井川を入れて4バックにし、ジュニーニョとマギヌンを前線に、黒津を左サイドに置いてケアーさせることで、清水の3トップに即座に対応させてきた上に、リトリートしてのカウンター狙い、4-4-1-1のような感じに切り替えましたね。でもまだ藤本をアウト、西澤をイン、兵働のポジションをやや下げた4-3-3のときはましでした。その後、矢島がアップしていたので、交代かと思ったら結局は浩太を入れてきて、平岡をアウト、中盤でのビルドアップに貢献していた兵働を左SBへ、児玉をCBに回し、中盤を浩太、テルさん、岡崎で構成したわけなんですが、これで中盤作れますか??この交代が、監督の動揺を物語りますよね・・・。もともとエスパルスはパワープレイが下手っぴーなチームですが、今日はほんとに酷かった・・・。さらにこのあと、和道も前線に上げます。両サイドの兵働も市川もあげて、児玉とテルさんの2バックにしてのパワープレイ。中盤はフェルナンジーニョと浩太がかろうじて残る感じで、ほとんどがロングを放り込む形のみ。そして最後の残り1〜2分という、数秒でも時間が欲しい時間帯に、まるで勝っているチームが時間を使うための交代かのように矢島を入れます。そのまま終了・・・。一緒に見ていたお父さんが最初の交代のときに「ダメだこりゃ」とトイレへ行ってしまいましたが、確かに誰が見ても今日の藤本は最初に切りたいでしょうけど、普通なら、あの場面は西澤を入れるなら疲れが見えた岡ちゃんに西澤を入れて、浩太を入れるところで藤本アウトだったんじゃないでしょうか?2点差だったわけじゃないのですしね。確率論の問題です。かって、FWを入れるだけ入れて縦ロングポンのパワープレイから同点→逆転などということがあったでしょうか??点差は僅かに1点差、そしてアウェーだったのですから・・・「引き分けを狙え」でも充分だったと思うのですが・・・。攻撃的に点を獲れということ=FWの数が多い、ということじゃないと思うのです。同じ形で疲れのある選手をフレッシュな選手に入れ替えて、リスクを犯してでも攻めろ!!でも良いと思うのですが、どうなんでしょうね。まったく謎の采配でございました。
今のエスパルスには「先制して逃げ切る」という先行逃げ切りしか手がなくて、先制された試合を同点に持ち込む、もしくはひっくり返すというチカラが不足していますね。でも、そういう試合も作れないと優勝争いは厳しいかなーって思います。今週は上位陣総崩れで超だんご状態ですし、勝てば首位の可能性もあったわけですけど、離されたわけじゃないのが救いですよね。4勝2敗でも悪いわけじゃないですし。。。でも逆に、ここから連敗すると一気に落ちる可能性もあります。おまけに次節は去年遂に勝てなかった鬼門の鹿島。良くないことは全部鹿島戦で起きました。万が一、マルキにゴールなんかされたら本気で凹みそうです。野沢も次週復帰との噂もあるようですが、ホームですし、ここは必勝ですよ!何が何でも勝たねばならぬ試合です!

| さおり | S-PULSE | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

しらすぼし (2007/04/16 12:45 PM)

こんにちは。

等々力に行ってきましたよ。
入場者21,000人超で拍手が沸いていましたが、私はバクスタAゾーンアウェイ側で90分間立ち見という仕打ちでしたよ。

岡ちゃんゴールは、試合前の脳内シミュレーションどおり(そのときは藤本の右クロスにダイブ!でした)で、川崎ファンだらけの中、思わず声が出てしまいました。

大体前半からあの失点までは健太監督の思惑通りの試合運びだったと思うんですよね。川崎もジュニーニョや中村の鋭いミドルはありましたが、全体的にはまったり気味でしたし。
後半リードされた場合はやっぱりちょっと気の利いたプレーをする選手がいないと、それが他の味方選手に伝わらないとだめですね。そういう意味では昨日は藤本アウトの時点で終わったかなと。

これで、私観戦連続未勝利記録が8に伸びてしまいました。年に2試合くらいしか観てないので、03年悪夢の国立JALマッチ、横浜FM戦(0-1)以来5年越しで清水の勝利を見ていません。昨年もあれだけ勝っていたのに、ナビ杯千葉戦(フクアリ)とリーグ鹿島戦(ホーム国立)の2試合の敗戦を目撃。今年もリーグ柏戦(日本平)、昨日と4連敗です。

こんな私はもう、清水の試合を観に行かない方がいいのかな...

さおり (2007/04/16 3:48 PM)


>しらすぼしさん

こんにちはー!!
えー昨日立ち見状態だったんですかー!?
21000人は入りましたよね。もともと関東でのアウェー清水というのは
不思議と動員能力が優秀ということで、どこのクラブも営業に
チカラを入れるようですけど、川崎もお客さん増えましたよねー。

岡ちゃんゴールは私も脳内シュミレーション通りでした。
私の脳内では兵働からのクロスにダイブだったんですけど!(笑)
川崎まみれでも声がでちゃうのは仕方のないことです。立派です!!

そうなんですよね、失点までのゲームプランは思惑通りでしたよ。
勝てるパターンでしたしね。悪くても引き分けられる感じでした。
後半リードされたとき、ほんとにここが今の課題ですね。
いつでも同点にできるとか、逆転も出来るとか、選手に自信がないので
アワアワ焦ってみたり、何だか沈んでみたり・・・。
挙げ句の果てに監督までアワアワした采配では・・・。
健太さんは「ジョーカーが欲しい」と常々言っていますが、
欲しいと言っていても、そんなの簡単にはでてこないし、
今いる選手で、なんとかやっていかなくてはですネ。
アレシャンドレはいつジョーカーになってくれるんでしょうか???(笑)

しかし、未勝利記録8ですか。03年のマリノス戦から・・・なんかもう
記憶が薄れてきた頃の試合じゃないですかっ!!(笑)
しかし、去年勝った試合を見れなかったのは、ものすごく運が悪かった
ですね??ナビのフクアリと国立鹿島戦とはっ!!
ああ、思い出します国立の鹿島戦・・・。凹む試合でしたね・・・。
そして今年はリーグ柏にお得意様のはずだった川崎戦で2連敗と・・・。
いや!今年はもう2試合見ちゃいましたけど、もう1回行きましょう!!
次は絶対勝ちます!!(と思って8試合なのかもしれませんけど)










TRACKBACK

url: http://100kaju.jugem.jp/trackback/406
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.