100%果汁です。

本当は10%果汁です。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

2007 S-PULSE GET60!!

引退試合1/21(日) 日本平
PSM 2/18(日)横浜M 愛鷹
1節 3/3 (土) 神戸 H 日本平
2節 3/10(土) 千葉 A フクアリ
3節 3/17(土) 柏  H 日本平
ナ1 3/21(水) 柏  A 柏
ナ2 3/25(日) 横浜M H 日本平
4節 3/31(土) 大宮 A 駒場
ナ3 4/04 (水) 横浜M A 三ツ沢
5節 4/08(日) 大分 H 日本平
ナ4 4/11(水) 柏  H 日本平
6節 4/15(日) 川崎 A 等々力
7節 4/21(日) 鹿島  H 日本平
8節 4/28(土) 横浜FCA 日産
9節 5/03(祝) 磐田 H 日本平
10節5/06(日) G大阪 A 万博
ナ5 5/09(水) 大宮  A 駒場
11節5/12(土) 新潟 H 日本平
12節5/19(土) 甲府 A 小瀬
ナ6 5/23 (水) 大宮 H 日本平
13節5/26(土) 広島 A 広島ビ
14節6/10(日) FC東京 H 日本平
15節6/16(土) 横浜M H 日本平
16節6/20(水) 名古屋 A 瑞穂
17節6/23(土) 浦和  H 日本平
18節6/30(土) 柏   A 柏

アジアカップ中断期間

19節8/11(土) 大宮 H 日本平
20節8/15(水) 大分 A 九石ド
21節8/18(土) 川崎 H 日本平
22節8/26(日) 新潟 A 東北電ス
23節8/29(水) 横浜FC H 日本平
24節9/ 1(土) 磐田 A エコパ
25節9/15(土) 甲府 H 日本平
26節9/23(日) FC東京 A 味スタ
27節9/29(土) 神戸 A ホムスタ
28節10/ 6(土) 名古屋 H 日本平
29節10/20(土) 横浜FM A 日産ス
30節10/27(土) G大阪 H 日本平
31節11/11(日) 広島 H 日本平
32節11/18(日) 浦和 A 埼玉
33節11/24(土) 千葉 H 日本平
34節12/ 1(土) 鹿島 A カシマ

公式HPの試合日程と結果はコチラ

Espa-ore!

コトリスト


→さおりのコトリスト

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

MOBILE

qrcode

SPONSORED

スポンサーサイト

2007.07.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

日本代表ベトナムへ

2007.07.04 Wednesday

いよいよ日本代表は国内合宿を打ち上げベトナムへゴー!だそうです。しかし、今回のアジアカップは1年前倒しされてますよね。おまけに前回優勝国の予選免除が廃止されるというレギュレーションの変更もあって、就任早々からアジアカップ予選を戦わなくてはならないこともあり、オシムさんには難しい仕事でしたでしょうし、本大会もチームの融合にも時期尚早であることなどから、前回のアジアカップと単純比較することはできないですよね。しかも前任者がチームをぶち壊した上に、誰一人次の世代を担う選手を育成してなかったという不幸もありました。そういう意味でも、前回アジアカップの選手選考と違って、今回のアジアカップに召集されている選手たちで第一段階、このあとワールドカップ予選〜本大会までに、第二第三と脱皮していくと私は予想(願望?)しているのですが、どうなのでしょうね??
さて、昨日のテストマッチでの1本目はGKからボランチ、2本目は前線の選手がアジアカップ初戦のカタール戦スタメン候補だという話しなのですが、1本目はGK川口、右SB加地、CB中澤、CB阿部、左SB駒野、ボランチ中村憲剛、鈴木啓太、トップ下羽生、右FW播戸、CF巻、左FW佐藤、この中の守備陣がスタメンで、2本目がGK楢崎、右SB水野、CB坪井、CB今野、左SB山岸、ボランチ橋本、右MF中村俊輔、左MF遠藤、トップ下太田、FW矢野、高原で、この中の攻撃陣がスタメン、だそうです。確かに1本目の守備陣+2本目の攻撃陣で予想通りのスタメンが組めますね。どういうシステムでの試合だったかは見てないので分かりませんけども、やっぱりSBは薄いですねー?右SBのサブが水野ですか?もしくは駒野を右に回して左に山岸ですか?だったら市川という選択肢はないのでしょうか?
それからトップ下に羽生、太田ということですが、このトップ下というのは何でしょうか?特に1本目は4−3−3という布陣で3トップの下に羽生ということになりますが、ここはなぜに羽生なんでしょうか?2本目の太田しかりです。いずれにしてもオシムさん好み、というよりは日本人の特性である「ちっちゃくてすばしっこい」という二人をここに置いているということに特徴がありますね。興味深いです。所謂、これまでのトップ下というポジションの概念ではないことは確かですね。
この23人を見ていると、それぞれのポジションの役割のようなものが見えてきます。オシムさんが必要としている能力もハッキリと見えてきましたね。だとすれば、エスパルスから代表入りを目指せる選手は先ほどの右SBに市川という他に、GKではまずは第三GKの位置を狙う西部、CBでは坪井と争う青山、中澤と争う和道というのもアリでしょうし、MFでは中村俊輔のサブを狙うという意味では藤本、FWというよりは羽生や太田を入れている場所には岡ちゃん、バランサーという意味では兵働もありだと思います。そしてFWには開花して欲しい矢島に期待でしょうか??ただ、U−20ワールドカップが終わり、北京五輪が終わった時点で、この23人の中に昇格組が入ることは間違いないところでしょうし、競争はより激しいものになりますよね。昇格を狙う選手達は年齢的にもワールドカップ開催時期には決して若すぎるという年代の選手達ではないわけですしね。果たしてエスパルスの選手が南アフリカのピッチに一人でも立っていることが出来るでしょうか?
しかし、大学1年生相手に日本代表が失点しちゃうんですね・・・。

| さおり | 日本代表 | comments(205) | trackbacks(88) |

U−20W杯開幕

2007.07.02 Monday

欧州予選を2位で通過して、黄金世代と呼ばれているU−20スコットランドが日本の初戦の相手だったわけですが、圧勝しましたね。でも、欧州2位との触れ込みのスコットランドですが、欧州予選ではグループリーグと決勝トーナメント通じて2勝で決勝まで行っちゃったケースで、しかもスペインと2回あたって2回負けているという部分もあって、明らかに対戦相手のスタイルによってはさっぱり弱いという弱点のあるチームとも言われてました。日本では何だか強豪強豪と煽ってましたけど。
とはいえ、3−1での勝利は得失点差勝負になったときものをいいそうで、グループリーグ突破には絶好のスタートを切りましたね。あのピッチに真希がいないことは残念なのですが、日本のやりたいサッカーを出来たという意味では良いゲームだったのでは?と思います。得点後のパフォーマンスがビリーなのはカナダで通じたでしょうか?正確にはビリー+ウェズレイでしょうか。ビリー世代、チームの雰囲気は良いみたいですね。それと超満員のスタジアムの雰囲気も予想外でしたねー。もっと閑散とした感じのスタジアムでというイメージだったのですが、盛り上がってましたしね。
にしてもスコットランドのGK・・・。

| さおり | 日本代表 | comments(7) | trackbacks(0) |

西部落選

2007.07.02 Monday

アジアカップを戦う日本代表23人が発表されましたけど、西部は落選しちゃいましたね。数日前からダメダメだったらしいよという情報は伝わってきていて、発表当日には、本人がダメダメだったと言っているとの情報も伝わってきたりして、発表を見た時も「あぁ、やっぱり」という印象でガッカリもあまりなかったです。
いつまでも川口と楢崎という時代が続くわけではないですし、今後は西川や川島らと代表の正GKの座を争っていくのだと思います。西部にも充分、その力はあると思っていますので、今はエスパルスで磨きをかけてくださいっ!!と思います。
そしてサプライズ召集と言われているのは「太田弟」ですか。スピードスターという扱いで記事を書かれているのですが、どの記事見ても兄の話題はゼロ。でも私は兄の方が才能豊かであると信じて疑っておりません。弟がいけるなら兄だって!!
その他メンバーはほぼ予想通りですね。CBのサブがいませんが中澤のかわりは実は和道がオススメなんですが、どうでしょう?和道もセットプレイ時の攻撃力をつけると鬼に金棒ですがフィードは随分よくなりましたよね?ビルドアップ面でも、この3年でがらりと変わったと思うのですが、オシムさんの目にはとまらないでしょうか?
で、アジアカップっていつから始まるんでしたっけ??

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |

日本代表30人発表

2007.06.20 Wednesday

アジアカップに出場する日本代表30人の予備登録者が発表されました。ここからさらに23人に絞って本番へ向かうそうです。エスパルスからは西部のみの選出ですね。青山、藤本は落選。青山は五輪とエスパルスに集中しれ!ということでオッケーですよね。昨年、フル代表へ呼ばれた後、やや自分を見失っている風なこともありましたので、全然問題ないと思います。青山の代表へのチャンレジは五輪終了後で良いと思います。もう一人、藤本ですが落選という結果は当然かと思います。ここのところのパフォーマンスを見ても、とても代表へ!という感じではなかったですしね。奮起を期待します。そもそもキリン杯での使われ方を見ても落選フラグが立ってました。
で、西部ですが川口、楢崎の牙城を崩せるでしょうか??発表のタイミングが、マリノス戦の後と言うことで、また微妙なタイミングではありましたけど、西部にしても最近はやや安定感を欠いてきていますし、青山とは逆の意味で代表へ行って気を引き締めて帰ってきてもらいたいですね。身体能力では負けておりません!!
他のメンバーを見ると「!?」と思う選手もチラホラおりますが、千葉勢が相変わらず多いですねえ。その千葉は内紛問題で大変なようですが、今年は監督批判イヤーでしょうか。小野〜アツ〜スノヤノフと続いてますね。この3人の中で、なんならエスパルスに来てもいいよ!という選手はストヤノフだけ、というところがミソです。監督批判などエスパルスにはあり得ない感じです。帝王男健太監督に敢然と反旗をひるがえす選手などおりません。もっともあってはならないことだと思いますけど。
さて、アジアカップはどうなりますか?前回と比べて大会開催の1年前倒しということが、日本代表には大きく影響していそうではありますが??

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |

U−20W杯代表メンバー

2007.06.16 Saturday

U−20W杯に出場する最終メンバーが発表されましたが、エスパルスからは武田が出場です。が、真希は最後の最後に落選をしてしまいました。この世代でずーっと10番を背負ってきながらエスパルスで出場機会を得られないまま、Jリーグで活躍しはじめる同世代のライバルたちに一歩二歩と遅れてきてしまった結果です。すごく残念です。浩太にしろ真希にしろ、何が足りなかったんでしょう?もちろん本人次第のことではありますが、この辺の年代のクラブの強化方針に問題はないのか、やはり考えさせられてしまいますね。
とはいえ、武田は本大会出場です。GKという厳しいポジションの宿命で、林が正GKである以上、ベンチに座ったまま大会終了の可能性は高いのですが、それでも得るものは大きいはずなので頑張ってきて欲しいですね。
日本はスコットランド、コスタリカ、ナイジェリアの組。7月1日にスコットランド戦、4日にコスタリカ、7日にナイジェリア戦を戦います。過去の大会実績から考えるとナイジェリアが強敵ではありますが、そのナイジェリアと最後にあたるという組み合わせはラッキーだったのでは?関係ありませんが、その7日は私の誕生日でもあります。

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(2) |

最終予選組み合わせ

2007.06.14 Thursday

いよいよ北京五輪の最終予選組み合わせが発表されましたね。各グループ首位だけが勝ち抜けという単純明快な予選です。それだけに、取りこぼしが命取りとなる緊張感たっぷりの予選になりますね。さて、その組み合わせはどうなったんでしょう?

グループC
日本
ベトナム
カタール
サウジアラビア

まあ、最終予選の組み合わせにあまりラッキーもアンラッキーもありませんが、力が劣るベトナムが入ったことで逆に3チームに絞られた戦いは得失点差を含めた熾烈な戦いになりそうです。サウジが強いことは確実ですし、カタールも侮れません。各国ベトナム戦で取りこぼしたりした国はいち早く脱落という感じになりますか。それだけに予選の日程も大事になりますね。その予選の日程は。

 8月22日  日本vsベトナム
 9月08日  サウジアラビアvs日本
 9月12日  日本vsカタール
10月17日  カタールvs日本
11月17日  ベトナムvs日本
11月21日  日本vsサウジアラビア

一番キツイのはサウジでアウェー、中3日でホームでカタールという日程でしょうか?最後がホームでサウジというのは決戦になる可能性が高いですが、ここも中3日でベトナム〜日本という移動が発生してます。
他のグループはどうでしょう??って、Aグループのオーストラリア。これは試合自体がちゃんと安全に行えるんでしょうか?北朝鮮、レバノン、イラクって・・・。Bグループのウズベキスタン、シリア、バーレーン、韓国というのは韓国大本命ですかね。
いずれにしても、ここまでの日本五輪代表の戦いぶりを見ている限りでは、突破できるかどうか微妙っていうところでしょうか。もしも、日本が五輪へ出場できなくても、ちっとも驚きじゃない状況じゃないでしょうか。エスパルスからも何人かはこの戦いへ向かうわけですが、是非とも北京五輪への切符を掴み取ってきてもらいたいですね!

| さおり | 日本代表 | comments(0) | trackbacks(0) |

神風システム

2007.06.07 Thursday

やっとコロンビア戦を見ることが出来ました。神風システムですか?またオシムさんはぶちあげましたね。トルシエのフラット3、ジーコの黄金の中盤につづくオシムジャパンの代名詞になったりするのでしょうか?見てみると何のこともない、最近の欧州で流行中の変形4-5-1でしたね。神風の意味は、システムよりむしろスタメンでのギャンブル度を表してるのかもしれません。オシムさんの言う、水を運ぶ選手がおらず、中盤のスペースを消しまくり、全員守備、全員攻撃のようになってましたが、稲本が悪すぎましたね。茸さんのコンディションも良いようには見えませんでしたが、どうだったんでしょう。ナカタコもポジションどりが微妙だったようです。
ですが、一定の効果もあったように見えました。ミスから決定的なピンチが何度かありましたが、守備はブロックもラインも機能していましたし、最後の段階での守備も集中が切れる様子はありませんでしたね。現状では、ハゲよりボンバーの方が安定度では上だと感じました。交代で左サイドバックにいきなり今野を入れたのも驚きましたが、巻投入の意味は私にはよく分かりませんでした。巻を入れるなら、試して欲しい選手が他にもいた気がするのですが…羽生が入ってから中盤が活性化したのは明らかでしたけど、決定的な試合を決めてしまうような選手ではないし、神風を吹かせるには一枚も二枚も足りないような気がします。
でも何よりスコアレスドローの試合を面白くしていたのはコロンビアですね。南米のチームらしくずる賢く、抜目ない、テクニック満載のチームでしたし、中一日でアウェーという不利な条件の中、あれだけモチベーションの高いプレイをしてくれたら、言うことありませんよね。スタジアムがエコパの微妙な空気に比べて盛り上がって見えたのは、日本ではなく、むしろコロンビアのおかげだったように思います。

さて、藤本は相変わらず試合終了間際にチラチラっと姿を見る程度の起用ですが、アジアカップに行くことはできるのでしょうか??青山ら五輪組は、まずは五輪ですし、しっかり北京で結果をだして、五輪終了後にやってくるフル代表への引き上げに向けて頑張って欲しいので、この段階での使われた使われないは、さほど気にする必要はないかな、と思っています。

あー携帯疲れますな!書きたいことを思うように書けませんし!

| さおり | 日本代表 | comments(2) | trackbacks(0) |

キリン杯/モンテネグロ戦

2007.06.03 Sunday

えーっと、まずベンチのナカタコさん、鈴井氏(ミスター)に似てきたねという感想が一番の収穫でしょうか。結果は2-0で、ジーコ時代に比べれば、ずいぶん大人のサッカーをするようになったなあっていう印象を受けましたけど、でも何かつまんないねって思うのは私だけでしょうか?とにかくモンテネグロの状況があれでは、試合結果については良かったとも悪かったとも言えない感じですよね。なのにプレッシャーもさほどない中盤でミスがでるのは何ででしょ?かといって1対1で勝っていたか?と言われると、ことごとく負けていたわけだし、という中で結果だけは出すということは悪くないと思います。モンテネグロはまだチームにすらなってないという状況でしたが、、それこそヴィチニッチでもいれば、状況は違ったのかもしれませんね。中盤の構成が全く形になっていないのでは練習試合のようになってしまったのも無理はないかな、と思います。とにかく、これからのチームという印象を私は受けました。コロンビアはどうなんでしょうか?
オシムさんの試合後のコメントを読むと、何だかまだまだ多くの選手にとってチャンスが大ありだっていう気もしてきますが、名指しでの批判は珍しいですね。それだけ彼には期待が大きいということでしょうか?アジアカップへ向けて、徐々にエンジンがかかってくるのか来ないのか、注目ですね。
ところで、今日のエコパの雰囲気ですが、現地ではどうだったんでしょう?例えば得点シーン。ゴールが決まったのか決まらなかったのかよく分からないような雰囲気をテレビでは感じたのですが?代表の応援も何だかなぁ。国歌斉唱もついにネタ切れしちゃったみたいだし・・・。
藤本は出場したけれど、あんなチョビッツでは評価もないでしょうけど、代表の藤本を見ていると、藤本が大好きなスペースが今のエスパルスにはないなぁっていうのは思いました。そのことが、代表へ行くと藤本がやたら張り切って走りまくっているように見える原因のひとつかも??などと思いましたがどうでしょう??藤本には代表で得たモノをクラブで発揮して欲しいですね。そしてクラブで結果を出してまた代表に、そういう良いリズムが生まれるとよいのですが、今のところ代表とクラブは別物のように感じます。

| さおり | 日本代表 | comments(2) | trackbacks(0) |

五輪代表振り落とし

2007.05.31 Thursday

早いね!!見切りつけるの早いね!?
マレーシア戦のメンバーの19名発表とのことですが、ベンチ入り出来るのは18名なわけですから、まだあと1名振り落とされますよね。エスパルスから招集されている海人、浩太、枝村、岡ちゃんの4名は無事生き残りました。というか、五輪代表からA代表を呼ぶためにレギュラー組を「180分出場した選手」という線引きで除外し、さらに累積出停の選手もおらず、という状態での今回の招集。ここでも残れなかった場合は、残りの時間を考えても、ほぼアウトですし、とにかく試合にでて猛アピールすることが必要です。
それにしても、岡ちゃんの10番青ユニが意外なほど似合っていることに驚きましたね。岡ちゃんではないみたいです。岡ちゃんのような気迫を全面に出してプレイするタイプの選手が五輪代表にいませんし、意外にも岡ちゃんが!というようなこともあるかもしれないと、ちょっと期待しています。
このU-22代表とは2日土曜日にエスパルスと練習試合が組まれています。もはや紅白戦か!?というような対戦になりそうですが、エスパルス側はメンバー足りるのかな?この是非見てみたい一戦は当然ながら完全非公開。残念です!まあ、土曜日は運動会で激走しなければなので良いですけどね!
で、あと1名は誰になるのでしょう・・・。

| さおり | 日本代表 | comments(2) | trackbacks(0) |

ヴィチニッチいませんが?

2007.05.30 Wednesday

■ モンテネグロ代表来日メンバー

あれれ??ヴィチニッチがいないんですけど!?セルビアと分裂したモンテネグロで唯一知ってる選手がローマのヴィチニッチだったんですけど!?レッチェ時代のゼーマン監督の超攻撃チームで活躍していたヴィチニッチ。セルビア・モンテネグロがW杯後に二つに分かれて、ほとんどの有名選手がセルビア国籍を選んでいく中、唯一ヴィチニッチが母国モンテネグロを選んだわけですが、そのヴィチニッチがいないとはぁーーー!!
まあ、遠路遙々ウクライナまで行ってシェフチェンコいませんが!?とか、やってきてみたら二軍だっただの、二軍ですらないだのっていうことは、代表の親善試合では、もはや常識ですが、この辺は政治力の問題なんでしょうか?それとも日本代表がリスペクトされるような存在にならなければ無理な相談なんでしょうか??二軍ならギャラ半分くらいの強気の交渉したりすると、来てくれなかったりするんでしょうかね??最近ちゃんと来てくれた代表っていえば、ガーナだったでしょうか。あの試合がオシムさんになってからのベストゲームだったと思いますが、シーズンほぼ終了時の国際Aマッチくらいはベストメンバーで来て欲しいものですね・・・。
ただモンテネグロという目の付け所は良かったかもしれませんネ。セルビア・モンテネグロとしての戦績や権利などは、そのままセルビアに受け継がれてしまい、モンテネグロは1からスタート。ユーロの予選にすら参加することが出来なかった分、チームはW杯予選へ強い気持ちで向かい、モチベーションは高いはずですよね(そうあって欲しい)。実際、モンテネグロ立ち上げ初戦のハンガリー戦は勝っていますし、欧州の中でどのくらいの位置にいるチームかは読み切れないところはありますが、この時期の相手としては悪くないのでは??とは思います。どうなんでしょうか。
しかし、チケットが売れてないみたいですね。私のところにもタダ券が舞い込んできました。しかもカテゴリー1のチケットが4枚です。一説では半分も売れてないっていう話しでしたが、ばらまきはじめましたかね?

| さおり | 日本代表 | comments(2) | trackbacks(0) |
<<new | top | old>>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.